Εὕρηκα!

西洋古典学って、ご存知ですか?

Εὕρηκα!とは?

このブログは、西洋古典学という学問のことを少しでも知ってもらいたい古典学生が、とにかく楽しく!好き勝手に!!いろんなものを題材にして古典学を語るところです。

古典文学そのものの真面目な話だけでなく、展覧会や演劇のレポ、サブカル絡みのふざけた?話なんかもしていきます(むしろふざけてばかり)。

古代ヨーロッパ世界と現代日本世界をつなげて、誰かが好きなものを「見つける(Εὕρηκα/ヘウレーカ)」ための手助けをしたい。そして古典学がもっと日本でも広まってほしい。そんな願いと愛を込めて。

 

*****

 

writer: める(ギリシャ語のあだ名はΜυρρίνη/ミュッリネー)

Twitterは@myth_merl

旧帝大西洋古典学研究室の大学院生。文化センターでラテン語を教えてもいます。

自己紹介やここに至る経緯なんかは別の記事でそのうち書きます。

 

*****

 

カテゴリー説明

【古典のひと・もの・はなし】

古典学で研究対象となる詩人や作品、神話の紹介。

 

【古典と芸術】

古典作品をベースにした絵画や演劇の話をします。展覧会・観劇レポはこちら。

 

【古典とサブカル

漫画、アニメ、ゲームといった日本が誇るサブカルチャー作品の中に隠れている古典学要素を掘り出して語ります。

 

ヘラクレスコメンタリ】

1997年に公開されたディズニー映画『ヘラクレス』にツッコミを入れるコーナー(笑)

 

【アニソン古典語訳】

日本のアニソンをラテン語や古典ギリシャ語に訳して歌ってやろうぜのコーナー。メロディ譜付きです。もちろんフルサイズです。

 

【ながいつぶやき】

言い換えると「その他」。

「さらざんまいのうた」ラテン語訳してみた

またやってしまいました。

アニソン古典語訳第二弾は、2019年春アニメ「さらざんまい」より、挿入歌「さらざんまいのうた」です。

 

記事の内容は前回と同様、

ラテン語歌詞とそのカタカナ読み

ラテン語歌詞の日本語訳

Ⅲ 日本語歌詞、ラテン語歌詞、メロディ譜の画像

言い訳 解説

となっています。 

それでは さらっと いきましょう。

 

!! CAVE !!

① 楽譜画像ではラテン語の長音記号を省略します。記事本文では付けます。

② メロディ譜は素人の耳コピによるものなので、音階やリズムが違っていても許してください。(ただし、Aメロのコーラス部分は少しアレンジしました)

③ 解説は (ア) が目印です。

④ この歌詞で「歌ってみた」をやる上での報告は要りませんが、教えてくださればさらっと聴きに行きます。

 

楽譜作成ソフト:MuseScore 3.0

 

続きを読む

Jアイドル×ギリシャ哲学!?「人生、すなわちパンタ・レイ」

現代日本が誇るサブカルチャー、アイドル。

いまは様々なアイドルグループが乱立するアイドル戦国時代。その中でも前線で活躍し続けている勢力がハロプロことハロー!プロジェクトです。

先日、ハロプロ内のアイドルグループ「アンジュルム」が、CD三枚組のアルバムをリリースしました。

↓これ

 

収録されていた新曲のひとつが

人生すなわちパンタ・レイ

 まさかアイドルの曲に古典ギリシャ語が出てくるなんてな!

 

パンタ・レイは「万物は流転する」という意味。

古代ギリシャの哲学者ヘラクレイトスの思想を一言で表した有名なフレーズです。

 

作詞作曲は、もはやアイドル業界ではすっかりおなじみの前山田健一さん。

ライナーノーツがあるか調べてみたところ、歌詞については公式ブログでこのように書いていました。

歌詞も「万物は流転する」という哲学的なものですが 

結果こしあんつぶあんか、みたいな歌詞です。

ちなみに僕はこしあん派です。

 

たしかに曲の内容はヘラクレイトスの思想とは違って単純で、

「わたし」は髪切ったり歳取ったり変化していくけどハートは変わんないっしょ?という歌になっています。

 

この記事では、「人生、すなわちパンタ・レイ」で使われているヘラクレイトスの言葉について解説していきます。

できるだけ簡単に。言い換えれば、私の理解の追いつく範囲で。

箇所で言うと①タイトル、②冒頭ナレーション、③ラスサビ直前…です。

 

続きを読む