Εὕρηκα!

西洋古典学って、ご存知ですか?

Εὕρηκα!とは?

西洋古典学って面白い!こんなに面白い学問が日本であんまり学べないのはもったいない!」

「じゃあ西洋古典学がもっとアクセスしやすい学問になればいい!!」

そう考えた私めるが、西洋古典学、そして古代ギリシア・ローマに関するあれこれを綴ってみます!

初心者も専門家も、みんなでいっしょに学びましょう♪

 

西洋古典学とは?

古代ギリシア語・ラテン語で書かれた文献を研究する学問の総称。

文学だけでなく、哲学、歴史学、宗教学なども含みます。

地域は地中海世界全般、時代は紀元前8世紀頃~紀元後5世紀頃が対象となります!広いよ!

 

 

writer: める

旧帝大にて古典学D1をやっております。

他大の先生からはΜυρρίνη(ミュッリネー)というあだ名を頂きました。笑

 

Twitter: @myth_merl

 

 

☆記事にしてほしい事柄があれば、お気軽にお申し出ください!ツイッターのリプもしくはDMからお願いします。古代ギリシャ・ローマ(およびその周辺地域)に関することであれば何でもOK!知らないことは勉強します(`・ω・´)

 

『聖なる鹿殺し』とギリシア悲劇

先日、映画『聖なる鹿殺し』を観てきました。

原題はThe Killing of Sacred Dearで、日本語題はそのまま訳したものになっています。

このサイコホラー映画の監督はギリシア生まれのヨルゴス・ランティモス氏です。日本で公開された彼の作品にはほかに『籠の中の乙女』『ロブスター』があります。

『聖なる鹿殺し』のストーリーやキャスト・スタッフ情報は公式ホームページをご覧ください。

 

さて、この映画を語る上でところどころ話題に上がっているのが、悲劇作家エウリピデスによる『アウリスのイピゲネイア』です。

監督自身はインタビューでこう述べています。

必ずしもそこからインスピレーションを得たわけじゃない。でも脚本を書いている時にギリシャ悲劇と似ている部分があることには気がついた。面白いアイディアだと思ったよ。でも、ギリシャ悲劇を映画化しようとして始めたわけじゃないんだ。(『聖なる鹿殺し』日本版公式パンフレット13頁)

 

とはいえ、やはり劇中には古代ギリシア悲劇を感じさせる箇所がいくつかありましたので、今回記事を書くことにしました。ストーリーの謎より、どのあたりが悲劇に近いかを解いていくことになります。本当に『アウリスのイピゲネイア』に似ているのか?とか。

※この先ネタバレを多分に含みますので、未鑑賞でこれから観る予定のある方は閲覧を控えることをお勧めします。

 

続きを読む

『うたえ!エーリンナ』についてあれこれ

ツイ4というサイトで連載されていた漫画『うたえ!エーリンナ』、先日単行本化されましたね!詩人になることを夢見る、(当時の価値観に基づけば)ちょっと変わった女の子エーリンナの女学校生活のお話。

作者は佐藤二葉さん。古代ギリシアの竪琴リュラーを弾きギリシア悲劇を語る、現代日本に生まれ落ちたバッケー(!?)です。ムーサに愛されておられる。

 

 

漫画について、あるいは作者についてはこれくらいに留めておきまして…。

 

私がこのブログでやることは、この漫画を読んで実際にエーリンナやサッポーの詩に触れてみたくなった方、あるいは古代ギリシア語を読んでみたくなった方の道案内です。

具体的には、

①ふたばさんが巻末で一次資料として挙げていた書籍の紹介

②史実エーリンナさんの詩の紹介(リンクあり)

③『うたえ!エーリンナ』各回タイトルのギリシア語をカタカナ音写

をやっていきます!

特に③が長いぞ!

 

続きを読む