Εὕρηκα!

西洋古典学って、ご存知ですか?

Εὕρηκα!とは?

このブログは、西洋古典学という学問のことを少しでも知ってもらいたい古典学生が、とにかく楽しく!好き勝手に!!いろんなものを題材にして古典学を語るところです。

古典文学そのものの真面目な話だけでなく、展覧会や演劇のレポ、サブカル絡みのふざけた?話なんかもしていきます(むしろふざけてばかり)。

古代ヨーロッパ世界と現代日本世界をつなげて、誰かが好きなものを「見つける(Εὕρηκα/ヘウレーカ)」ための手助けをしたい。そして古典学がもっと日本でも広まってほしい。そんな願いと愛を込めて。

 

*****

 

writer: める(ギリシャ語のあだ名はΜυρρίνη/ミュッリネー)

Twitterは@myth_merl

旧帝大西洋古典学研究室の大学院生。文化センターでラテン語を教えてもいます。

自己紹介やここに至る経緯なんかは別の記事でそのうち書きます。

 

*****

 

カテゴリー説明

【古典のひと・もの・はなし】

古典学で研究対象となる詩人や作品、神話の紹介。

 

【古典と芸術】

古典作品をベースにした絵画や演劇の話をします。展覧会・観劇レポはこちら。

 

【古典とサブカル

漫画、アニメ、ゲームといった日本が誇るサブカルチャー作品の中に隠れている古典学要素を掘り出して語ります。

 

ヘラクレスコメンタリ】

1997年に公開されたディズニー映画『ヘラクレス』にツッコミを入れるコーナー(笑)

 

【アニソン古典語訳】

日本のアニソンをラテン語や古典ギリシャ語に訳して歌ってやろうぜのコーナー。メロディ譜付きです。もちろんフルサイズです。

 

【ながいつぶやき】

言い換えると「その他」。

「ソアリン:ファンタスティック・フライト」で見つけた古代世界

ご存知かもしれませんが私ディズニーが好きでして(オタクを自称するのは怖いからやめときます。笑)、先日もディズニーシーに行ってきたんです。

そして去年の7月に出来た新アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」にやっと!初めて!乗りました。幸運にも二回乗れた~。

まぁアトラクション自体は言わずもがなめちゃくちゃ面白いんですよ。詳しい設定などアトラクションの情報は、私が書かなくても、それこそWikipediaとか読めばわかることなので今回は割愛します。

で!で!!

やっぱりディズニーのアトラクションで楽しいのは待ち時間ですよ。というか楽しみを見出さないとやってられませんよ。このアトラクションは美術館という設定もあって、待ってる間に見るもの読むものがこれでもかとありまして!!

この記事では、ソアリンで見つけた古典学要素について書いていきます。お品書きは以下の通り!

  • 虹の女神イリス
  • 人類で初めて飛行に成功したダイダロス親子
  • 有翼の馬ペガソス
  • 哲学者アルキュタス

 

続きを読む

ディズニー映画『ヘラクレス』コメンタリ ~One last hope~

前回の記事はこちら。また長いこと空けてしまって申し訳ございません…。

eureka-merl.hatenablog.com

 

無事にピロクテテスに会うことができ、ヘラクレスは彼に英雄になるための指導をお願いします。

なかなか乗り気にならないピロクテテスでしたが、

f:id:eureka_merl:20200110225359j:plain

f:id:eureka_merl:20200110225421j:plain

f:id:eureka_merl:20200110225434j:plain

f:id:eureka_merl:20200110225445j:plain

ゼウスの雷霆に撃たれては「断る」という選択肢はないのです。さすがヘラクレスのお父ちゃんこと神々の王は強い。

 

今回扱うチャプターはピロクテテスが歌う『One Last Hope(邦題:最後の夢)』と共に進行していきます。

 

続きを読む