Εὕρηκα!

西洋古典学って、ご存知ですか?

Εὕρηκα!とは?

このブログは、西洋古典学という学問のことを少しでも知ってもらいたい古典学生が、とにかく楽しく!好き勝手に!!いろんなものを題材にして古典学を語るところです。

古典文学そのものの真面目な話だけでなく、展覧会や演劇のレポ、サブカル絡みのふざけた?話なんかもしていきます(むしろふざけてばかり)。

古代ヨーロッパ世界と現代日本世界をつなげて、いろんな「わかった(Εὕρηκα/ヘウレーカ)!」を生み出したい。そして古典学がもっと日本でも広まってほしい。そんな願いと愛を込めて。

 

*****

 

writer: める(ギリシャ語のあだ名はΜυρρίνη/ミュッリネー)

Twitterは@myth_merl

旧帝大西洋古典学研究室の大学院生。文化センターでラテン語を教えてもいます。

自己紹介やここに至る経緯なんかは別の記事でそのうち書きます。

 

*****

 

カテゴリー説明

【古典のひと・もの・はなし】

古典学で研究対象となる詩人や作品、神話の紹介。

 

【古典と芸術】

古典作品をベースにした絵画や演劇の話をします。展覧会・観劇レポはこちら。

 

【古典とサブカル

漫画、アニメ、ゲームといった日本が誇るサブカルチャー作品の中に隠れている古典学要素を掘り出して語ります。

 

ヘラクレスコメンタリ】

1997年に公開されたディズニー映画『ヘラクレス』にツッコミを入れるコーナー(笑)

 

【アニソン古典語訳】

日本のアニソンをラテン語や古典ギリシャ語に訳して歌ってやろうぜのコーナー。メロディ譜付きです。もちろんフルサイズです。

 

【ながいつぶやき】

言い換えると「その他」。

ディズニー映画『ヘラクレス』コメンタリ ~Encounter with Phil~

前回の記事はこちら

eureka-merl.hatenablog.com

 

そういやヘラクレスとペガソスが降り立った島の名前、本編では言及されていませんが、もしかするとエーゲ海北部の島・レムノス島かもしれません。

神話が語るにはピロクテテスもトロイア戦争に参加した英雄ですが、トロイアに着く前に脚に傷を受け、その傷が(おそらく膿んで)悪臭を放ちだしたがためにレムノス島に置き去りにされたのです。犯人はオデュッセウス。この神話に関してはギリシアの悲劇詩人ソポクレスが『ピロクテテス』という悲劇を書いています。この悲劇に出てくるオデュッセウスはマジで外道。

ちなみにピロクテテスが武器として携えていたのはヘラクレスの弓。この映画では(見方によれば)関係が逆転しているわけです。

まぁそういうわけでこの島はレムノス島だという推測はせめてそこだけはピロクテテス要素があってほしいという私の願望の表れでもあります。

 

補足はこのくらいにして本編の続きを見ていきます。

続きを読む

ディズニー映画『ヘラクレス』コメンタリ ~Search for Philoctetes~

前回の記事はこちら

eureka-merl.hatenablog.com

 

本来自分がいるべき場所は神々の住まいオリュンポスであったと知ったヘラクレス

人間である彼が再びその地へ戻る(=神になる)方法は、地上で本物のヒーローになることと父ゼウスは教えます。

ヒーローになる方法を探るべく、ヘラクレスはまず「ヒーロー専門のトレーナー」である「ピロクテテス」という人物に会いに行くことにしました。

 

……正直この「ピロクテテス」の造形が古典学者と古典通を最も怒らせるポイントじゃないかと私は思っています(´・ω・`)

続きを読む