Εὕρηκα!

西洋古典学って、ご存知ですか?

Εὕρηκα!とは?

このブログは、西洋古典学という学問のことを少しでも知ってもらいたい古典学生が、とにかく楽しく!好き勝手に!!いろんなものを題材にして古典学を語るところです。

古典文学そのものの真面目な話だけでなく、展覧会や演劇のレポ、サブカル絡みのふざけた?話なんかもしていきます(むしろふざけてばかり)。

古代ヨーロッパ世界と現代日本世界のつながりを「見つける(Εὕρηκα/ヘウレーカ)」ための手助けをしたい。そして古典学がもっと日本でも広まってほしい。そんな願いと愛を込めて。

 

*****

 

writer: める(ギリシャ語のあだ名はΜυρρίνη/ミュッリネー)

Twitterは@myth_merl

旧帝大西洋古典学研究室の大学院生。文化センターでラテン語を教えてもいます。

ミンネ(@eureka-merl)でギリシャ神話モチーフのアクセサリーを売っていたりもします。

 

*****

 

カテゴリー説明

【古典のひと・もの・はなし】

古典学で研究対象となる詩人や作品、神話の紹介。

 

【古典と芸術】

古典作品をベースにした絵画や演劇、映画の話をします。展覧会・観劇レポはこちら。

 

【古典とサブカル

漫画、アニメ、ゲームといった日本が誇るサブカルチャー作品の中に隠れている古典学要素を掘り出して語ります。

 

ヘラクレスコメンタリ】

1997年に公開されたディズニー映画『ヘラクレス』にツッコミを入れるコーナー。

 

【アニソン古典語訳】

日本のアニソンをラテン語や古典ギリシャ語に訳して歌ってやろうぜのコーナー。メロディ譜付きです。もちろんフルサイズです。

 

【ながいつぶやき】

言い換えると「その他」。

ディズニー映画『ヘラクレス』コメンタリ ~Zero to Hero~

前回の記事はこちら

eureka-merl.hatenablog.com

 

というわけで!!怪物ヒュドラを倒して経験値を得たヘラクレスはテーバイ市民の皆様からめでたく「ヒーロー」と認定されました!!

そしてここで神曲「Zero to Hero」が始まります!!!

 

まず曲のタイトルがいいよね。ZがHに一文字変わるだけで意味がごろっと変わるっていう言葉の魔法はもちろん、ギリシャ文字だとZとHって隣り合う文字だからね。ZeroがHeroに変わるのなんてほんの些細なきっかけ次第なんだなって思うよね。いいよね。

 

それでは続きから曲の解説へ、どうぞ。

 

続きを読む

『もののけ姫』は日本の『イーリアス』

コロナ禍の最中、日本各地の映画館でジブリの四つの旧作―『風の谷のナウシカ』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『ゲド戦記』―が上映されることになったのはご存知の方も多いはず。

実は私、ジブリ映画をきちんと観た経験があまりなかったんです。それこそ金曜ロードショーで何作か観たかなぁってくらい(記憶がおぼろげ)。

だから今回、せっかく映画館という恵まれた環境で観られるならと『もののけ姫』を観てきました。

 

初めて『もののけ姫』を観た私の口から最初に出た言葉は「叙事詩やん」でした。『イーリアス』や『アエネーイス』を読んだ時に喰らったのと同じ衝撃を受けたのです。こんなに素晴らしい作品をなんで観ていなかったのか!

 

というわけでこの記事では『もののけ姫』とギリシャ・ローマの英雄叙事詩(特に『イーリアス』)とで共通していると感じたことを述べていきます。

そもそも『もののけ姫』は映画だから詩じゃないっていう点はスルーして!おねがい!

続きを読む